広島県呉市宝町2番23-1-304

TEL 0823-43-1700

呉市宝町 歯科 小児歯科 矯正歯科 訪問診療

診療案内

せとうみブログ せとうみミュージアム SETOUMI MUSIC FESTIVAL せとうみ歯科医院 facebook
MOBILE SITE
HOME»  診療案内

歯周病

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。むし歯と違って痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

>詳しくはこちら

矯正歯科

ひと昔前まで矯正装置と言えば、歯に銀色の装置を貼りワイヤーを通すものが主流でしたが、現在では透明の装置に白いワイヤーを通す目立たない装置も使用されています。今までは装置が目立つことに抵抗感があり矯正治療をためらっていた方も、以前に比べるとずいぶん矯正治療を受け入れやすくなってきたのではないかと思います。

>詳しくはこちら

マウスガード

スポーツマウスガード

ラグビーやアメフト、格闘技などのスポーツマウスガードを作製します。近年では、プロ野球で使用している選手もいます。

マウスガードは様々な色、厚みがあるのでご相談下さい。

むし歯の進行

C1

歯の表面はエナメル質で覆われており、むし歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質がむし歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。むし歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

C2

エナメル質の内側には象牙質がありますが、むし歯が象牙質まで進むとむし歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

C3

象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、むし歯がさらに進行して歯の神経までむし歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、むし歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

C4

むし歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根までむし歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

小児歯科

子供の歯が健康か、正しい治療されているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。
子供の歯は生え変わるものというのは間違いです。お子様の正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。

>詳しくはこちら

審美歯科

審美歯科とは、むし歯や歯周病といった「歯の病気」の治療とは少し異なります。
欠けてしまった歯並びや歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作る治療です。

>詳しくはこちら

PAGE TOP